プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢防止に!善玉菌を効率よく増やす



善玉菌
過敏性腸症候群などでよく下痢になりやすい人は、普段から腸内環境がよくないという場合があります。
腸内の善玉菌を効率よく増やし腸内細菌のバランスをよくすれば下痢になる可能性がグッと減ってきます。
ただし、とにかく乳酸菌やビフィズス菌などのを食べればいいと適当に食べていては効率よく善玉菌を増やせません。
今回は腸内細菌のバランスをよくするために効率よく善玉菌を増やしていく方法をまとめてみました。

自分に合った善玉菌の増やし方

まず重要なことは腸内環境は個人個人で異なるということです。
ある人が行った善玉菌の増やし方が別の人には当てはまらない場合もあります。
以下のいろいろな方法で自分に合った善玉菌の増やし方を見つけてください。

効率よく善玉菌を増やす方法

善玉菌を多く含む食品をとる
善玉菌を増やすにはやはり善玉菌を多く含む食品を摂ることが第一です。
善玉菌を多く含む食品として、牛乳やチーズ、ヨーグルトのほか味噌、漬物、納豆、日本酒などがあります。
一度にたくさん摂ったからといってスグに増えるわけではありませんが、これらの食材を覚えておいて意識して摂れば徐々に善玉菌が増えていきます。
植物性乳酸菌を多く摂る
善玉菌である乳酸菌には牛乳やヨーグルト、チーズなどに含まれる動物性乳酸菌と味噌やキムチ、漬物などに含まれる植物性の乳酸菌があります。
ヨーグルトやチーズを毎日摂っているけどいまいちお腹の調子がよくない方は、動物性乳酸菌が体に合っていないか、乳糖が分解できていない可能性もあります。
その場合は植物性乳酸菌を積極的に摂ってみて下さい。 毎日の食卓にキムチや漬物をプラスしたり朝はかならず納豆を食べるなど工夫すれば量を増やせます。
オリゴ糖やグルコン酸を一緒にとる
善玉菌が増えるためには栄養源であるオリゴ糖やグルコン酸を同時に取ると、善玉菌が増えるのを助けることができます。
オリゴ糖は、たまねぎやごぼう、大豆などに豊富に含まれています。 グルコン酸はハチミツのほか、大豆、米、巣、ワイン、味噌などに含まれています。
食物繊維をとる
食物繊維には、悪玉菌や不要物を体外に排出する働きをします。 食物繊維を摂ることで悪玉菌を減らし善玉菌を増やす効果が期待できます。
善玉菌を増やすには乳酸菌の摂取が一番
善玉菌を増やすためには、多くの種類の乳酸菌を摂取することが必要です。 サプリメントで摂取する場合は、自分にどのような乳酸菌が合うのかわからないため、多くの種類を配合している乳酸菌を摂取することが必要です。

腸内環境を整えるのにおすすめのサプリメント

乳酸菌革命
乳酸菌革命パッケージ

乳酸菌革命は、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌といった3大乳酸菌をはじめとした、16種類の乳酸菌を配合したサプリメントです。 乳酸菌の数だけでなく、種類を多く摂ることで自分に合う乳酸菌が生きたまま腸内に留まることになります。

1袋で約3兆個の乳酸菌を摂取できるため、ヨーグルトなどの発酵食品をたくさん摂るよりも効果的に腸内環境を整えることに役立ちます。

まとめ

善玉菌を増やすには、乳酸菌などの善玉菌、それをサポートするオリゴ糖、悪玉菌や不要物を排出する食物繊維をとればいいのです。
これらの食品は普段の食事をバランス良く食べていれば、自然と取れてしまう食材ばかりです。 ジャンクフードなどの偏った食事ばかりでなく定食に副菜などバランスよい食事をこころがけることで自然と善玉菌を増やすことができるのです。
また、最近では乳酸菌やビフィズス菌などを配合したサプリメントなども販売されています。サプリメントのいいところは、整腸作用のある乳酸菌をバランスよく配合していたり、 腸まで届くカプセルを使っていることです。ヨーグルトや乳酸菌飲料を常飲していてもイマイチな場合は試してみてもいいでしょう。