プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

腸内環境が劇的によくなる!効率の良いヨーグルトの取り方



ヨーグルトの画像
ヨーグルトには、ビフィズス菌や乳酸菌などが含まれているため腸内環境をよくするために毎日食べている人も多いのではないでしょうか。
ヨーグルトで善玉菌を増やせば慢性的な下痢の改善のほかにも免疫力が増加してさまざまな病気にかかりにくい体を作ることができます。
でも毎日食べているのにいまいち効果がでていないかなと感じている人は、腸内環境をよくする為のヨーグルトの効率的な食べ方をしていないのかもしれません。 せっかくヨーグルトを食べているなら、効果を生かすためにも効率の良い食べ方をしてみましょう。

ヨーグルトを食べるタイミング

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱いため、生きたまま腸にビフィズス菌を届けるためには食後に摂るのがよいとされています。 しかし生きたまま腸に届かなくともムダにはなりません。
乳酸菌が腸内環境を整える作用は、菌の生死に関わらず免疫機能を活性化させることができるのためです。
このように現在の研究では乳酸菌の効果は生死に関係がないのですが、整腸剤などは胃で消化されないようにコーティングされていますのでなるべくなら生きたまま腸に届くようにしておいたほうが確実でしょう。

他の食材と食べて効率アップ

ヨーグルトをそのまま食べるよりもフルーツや野菜をプラスして食べるほうが栄養的にも腸内環境にもよいことが多いです。
フルーツと一緒に食べればヨーグルトのミネラルやたんぱく質にフルーツのビタミンや食物繊維がプラスされヨーグルトを単独で食べるより栄養のバランスがさらによくなります。
フルーツのほかにも野菜と一緒に食べたり、ドライフルーツをヨーグルトに漬け込んだりしても食物繊維やオリゴ糖も加えられおいしく栄養的にも優れています。

ヨーグルトに砂糖を加えるときの注意点

ヨーグルトに砂糖を加えて食べている人は、砂糖ではなくオリゴ糖に変えてみてください。 オリゴ糖は腸内のビフィズス菌のエサとなりビフィズス菌の量を増やすのに役立ちます。
オリゴ糖はゴボウや大豆、たまねぎ、ニンニクなどに含まれていますが、腸内環境を整える目的ならばこれらの食品で必要な量を食べるのは大変です。
メーカーなどから各種販売されているオリゴ糖製品をヨーグルトに混ぜるなどして摂取した方が効果がでるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ヨーグルトを食べて善玉菌を増やすと便秘やダイエットのほか日常的な病気への免疫力が高まるなど体によいことは多くあります。
単にヨーグルトが好きで食べているのではなく、おれらの効果を期待しているならば効果が出るような食べ方をした方が目的がかないます。 特にヨーグルトとフルーツや野菜と摂ることは栄養的にもオススメですので是非試してみてください。