プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

ヨーグルトで下痢になる人はこれをチェックしよう!



ヨーグルトで下痢になる?

いちごの乗ったヨーグルト
ヨーグルトは乳酸菌があるのでお腹にいいはずなのに下痢になってしまうこともあります。 人によって腸内環境は異なるので原因は1つだけではりません。
ここでは、ヨーグルトで下痢になってしまう場合にどんなことが考えられるかをチェックしていきます。

ヨーグルトで下痢になる要因

1. 動物性乳酸菌が体に合わない
乳酸菌とは、糖を発行し乳酸などの有機酸を作る菌のことです。 乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性の乳酸菌があり、ヨーグルトは牛乳から作られるので動物性乳酸菌です。
体質的にこの動物性乳酸菌が合わない場合は下痢になるかもしれません。 動物性乳酸菌が合わない場合は植物性の乳酸菌を試してみてください。
2. 乳糖を摂りすぎる
ヨーグルトには、牛乳と同じように乳糖が含まれています。 牛乳では、この乳糖を分解できない乳糖不耐症の人は下痢になりますが、ヨーグルトは乳酸菌が乳糖の一部を分解している上に小腸で分解されます。
そのため、乳糖不耐症の人でもヨーグルトでは下痢になりにくいといわれています。 それでも乳糖は含まれていますので自分の分解できる限界量を超えてしまうとヨーグルトで下痢になってしまうということがあります。
3. ヨーグルトの種類が合わない
ヨーグルトは各メーカーからいろいろなものが販売されています。 その商品によって、使われている乳酸菌の種類は異なります。 あなたが食べているヨーグルトの乳酸菌が合わなくて下痢になっているのかもしれません。
4. 整腸作用が効きすぎる
ヨーグルトは下痢にも便秘にもいい食品ですが、その整腸作用が効きすぎるとお腹がゆるくなる場合があります。 整腸作用が効きすぎる場合は下痢まではいきません。ヨーグルトでお腹がゆるくなったかなという人は量を減らしてみてください。
5. ヨーグルトに甘味料を使っていないかチェックする
砂糖の入ったヨーグルト、またはヨーグルトに砂糖を入れている方は人工甘味料が使われていないか気をつけてください。 人工甘味料で下痢になる方もいますので、砂糖を抜いたプレーンタイプで試してみてください。
6. 冷蔵庫で冷やしすぎていないか
ヨーグルトを冷蔵庫で冷やしすぎると腸が刺激されてしまい、それが原因で下痢になっているのかもしれません。 常温で食べるか、あまり冷やしすぎないで食べてみてください。

まとめ

いかがでしたか。腸内環境は一人一人が異なるので、これが原因で下痢になっていると特定するのは簡単ではありません。
特に食べる必要がないのならヨーグルトを食べなければいいのですが、できれば原因がわかって対策できればそれにこしたことはありません。 条件を少しづつ変えてみて、自身が下痢になっている原因を探してみてください。