プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

カップラーメンで下痢になる原因



カップラーメンを食べる男性
カップラーメンは手軽でおいしいので、ちょっと小腹がすいたときや今日は食事つくるの面倒だなーっというときに重宝します。
そんなカップラーメンや袋のインスタントラーメンで下痢になってしまうという方がいます。
なぜカップラーメンを食べると下痢になるのか、今回はその原因と対策を紹介します。

原因は人によって異なる

カップラーメンを食べると下痢になってしまう原因はいくつかあります。
下痢になってしまう原因がすべての人で同じでしたら、カップラーメンの販売元にも情報が集まるのでなんらかの対策を行います。 最低でも注意書きなどは記すでしょう。

原因あれこれ

ラーメン特有の脂の多さ
カップラーメンだけでなくラーメン自体に脂が多いのでたくさん食べすぎたり、もともとお腹が弱い方は脂のとりすぎに気をつけてください。
対策としては、スープまで飲まないことや袋麺の場合は麺をゆでたお湯は捨ててスープ用には新しいお湯を使います。
フライ麺の過酸化脂質
インスタントラーメンの種類で下痢をしたりしなかったりする場合は、揚げた麺の過酸化脂質が原因かもしれません。
フライ麺は油で揚げて大量の油がしみこんでいますので、やはり麺をゆでたお湯でスープを作らないことです。
栄養の偏りや消化不良
体調がよくないときや、カップラーメンやスナック菓子などを普段からよく食べる方は栄養が偏って下痢になることがあります。
インスタントラーメンだけをそのまま食べないで、卵や野菜を加えて栄養の偏りをできるだけ少なくしてください。
食品添加物である「かんすい」が原因
麺をつくるときに加える「かんすい」は、小麦粉に弾力を与えるために麺に含まれています。 この「かんすい」がアルカリ性が強いため合わない人は下痢になります。
ただし、この「かんすい」はインスタントではない普通の中華麺にも含まれていますのでインスタントラーメン以外のラーメンは 特に問題がないという方は「かんすい」が原因ではないでしょう。
ゆでるとアルカリの成分が飛びますので、麺をゆでたお湯を一度捨ててスープは別のお湯でつくることで成分を避けることができます。
アレルギー物質が混ざっている
インスタントラーメンに配合されている小麦がアレルギーになっている場合もあります。 小麦、卵、乳成分、大豆、やまいもなど様々な成分が使われています。
アレルギーは自分は気づいていない場合もありますので、病院などでチェックしてみてはどうでしょうか。

まとめ

いつも起きたり特定の製品で下痢が起きるならばインスタントラーメン自体を食べなければいいのですが、起きたり起きなかったりで原因がわからない場合には困り物です。
原因がわからない場合には、まずはゆでるお湯とスープに使うお湯を分けてみてください。
カップタイプの場合は、ゆでるお湯とスープを沸けるという方法は難しいので、まずはノンフライ麺で試してみるなど下痢になる原因を探ってみてください。
原因がわかれば特定の製品を避けたり、食べ方を工夫することで下痢になることを防ぐことができるようになります。