プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢を防ぐには腸内環境を改善しよう



下痢になりやすい人は腸内環境が悪い?

昔から腸が弱くてスグに下痢をしてしまう。疲れたり脂の多いものでしょっちゅう下痢をしてしまう人は、 体質なんだからしょうがないとあきらめていませんが? スグに下痢になってしまう原因は腸内環境かもしれません。
腸に生息している腸内細菌はストレスや食生活の影響によってバランスをくずし、下痢や腹痛といった症状を引き起こすことがあるのです。

腸内細菌とは

腸内細菌とは、大腸内に生存している細菌のことです。
細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌に分類されます。
健康な人であれば、この菌のおおよそのバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の構成になっています。 善玉菌は健康維持や老化防止を助ける作用があり、ビフィズス菌や乳酸菌などが有名です。
この善玉菌が優勢だと腸内環境が良好で下痢や便秘になりにくいという特徴があります。

腸内環境は他の病気にも関わる?

腸内環境は便秘や下痢だけに関係するわけではありません。
さまざまな病気に関係があるといわれています。
悪玉菌がつくる有害物質が腸内に増え続けると、毒素や老廃物がたまって免疫力が低下します。 大腸に関連する大腸がんなどの病気から、肌あれやアレルギー症状、動脈硬化などの腸とは無関係な部分まで調子が悪くなってしまいます。

腸内環境を酸性にして善玉菌を増えやすく

善玉菌は酸性の腸内を好み、悪玉菌はアルカリ性を好むという特徴があります。 そのため善玉菌を効率よく増やすには、腸内を酸性にする必要があるのです。
腸内環境を酸性にしてから、乳酸菌などが配合されたサプリメントや ヨーグルトなどの発酵食品を摂ることが善玉菌を効率よく増やすコツなのです。

腸内環境をよくする食事

腸内環境を酸性にして善玉菌を増やすには普段の食事から気をつけなければなりません。
食事は和食中心でバランスよく食べる
悪玉菌が好む食事はたんぱく質や脂質なので、肉食中心の生活では悪玉菌の好む腸内環境になりがちです。 一方で和食中心ですと、食物繊維が多く脂質は少ないので善玉菌のすみやすい環境をつくることができます。
食事にヨーグルト、味噌汁、漬物、納豆など発酵食品をとる
善玉菌を増やすには善玉菌を直接摂取するのもひとつの方法です。 ヨーグルトや味噌汁、漬物、納豆などには各種の善玉菌が含まれています。
オリゴ糖や食物繊維をとる
オリゴ糖は腸まで届いて善玉菌のエサになるほか分解されると腸内環境を酸性にする働きもあります。 食物繊維は老廃物を除去して便秘を防ぐ作用があります。
腸内に老廃物や便をためないことは腸内環境にもよいので結果として善玉菌の住みやすい環境づくりに役立ちます。

まとめ

腸内環境を整えることで善玉菌が増えるようになります。善玉菌が増えていくと下痢や便秘の改善の他、さまざまな病気の予防にもなります。
上記の食事での改善のほか、ストレスをためない生活や十分な睡眠、有酸素運動を定期的に行うことで腸内環境を良くすることもできます。 これらのことは、腸内環境だけではなく他の病気の予防にも有効ですので是非少しでも実践してみてください。