プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢が続くときの原因や対処法



お腹の痛い男性

下痢はストレスや飲食物などが原因の場合は長くとも1日~数日程度で収まります。
長期に渡る場合は、なにか病気ではないかと不安になってしまいますが以下の方法で、まずは自身の体調をチェックしてみてください。
原因がわかれば、どのように対処すればいいのかがわかってきます。

下痢の状態をチェック

1. 便の状態は?
まずは下痢の状態をチェックします、下痢が軟便なのか、水のような水様便なのか血が混じっていないかなどをチェックします。
水様便の場合は腸の水分を吸収する機能に異常をきたしています。
強いストレスや細菌を体外に排出するためかもしれません。 便に粘性があって血が混じっているような場合は、潰瘍性の大腸炎などの疑いがあります。
2.どれぐらい長く続いているのか?
個人差や体調などにもよりますが、通常の下痢は長くとも1日、2日で収まります。
それが、数日から数週間続くようでしたら、なんらかの病気の可能性があるので医療機関を受診することをオススメします。
3.嘔吐、発熱などほかに体調が悪いところは?
腹痛があり下痢が続く場合にもっとも多いのは過敏性腸症候群です。
嘔吐や発熱など腹痛以外の症状がある場合は、過敏性腸症候群に似た別の病気の可能性がありますので病院を受診してください。
4.いつもの下痢と比べて違いはあるか?
飲食物やストレス、体調不良などで下痢をする場合と明らかに違う場合にも他の重大な病気が隠れている場合があります。
倦怠感や体重の減少、腹痛がなく下痢が激しいなどいつもと下痢の症状が異なる場合には注意が必要です。