プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢から回復するには



元気になった女性

下痢になってしまうと、いつ排便が起こるかわからず外に出ることが難しくなってしまいます。
遊びなら外出を避ければいいだけですが、どうしても避けられない用事のときはとても憂鬱になってしまいますね。
ここでは少しでも下痢から回復するためにできることについてまとめていきます。

下痢の原因を探る

下痢は、その症状がどのような原因で起こっているかを見極めることで回復の方法が異なってきます。 まずは症状がどのような原因から起こっているか考えてみましょう。
神経性の下痢の場合
精神的なところからくる神経性の下痢の場合には、腸の異常なゼンドウ運動を正常にすることで回復します。
体をリラックスさせたり、お腹をマッサージする、整腸剤やヨーグルトなどの乳酸菌飲料などをのんでみてください。
ウイルスや細菌による下痢の場合
ウイルスや食中毒などの細菌などでの下痢だとわかっている場合には、排出を止めないようにしましょう。
下痢の原因になる菌を排出しているので無理に薬などでとめてしまうと熱が出たり病気が悪化する場合があります。 ひどい場合は医師に相談してください。
特定の食べ物が原因の場合
特定の食べ物が原因の場合は、しばらく食べるのはやめて水分補給だけを行います。
そのとき下痢の程度が軽ければ、下痢止め薬、りんごや梅干などの下痢によい食べ物で症状を抑えることができます。
風邪やウイルスなどが原因の場合は、下痢止めが効かない場合が多いので下痢対策をするより風邪やウイルスを改善する処置をとりましょう。 下痢の症状がひどい場合には、医師にみてもらってください。
その他の下痢
治療の基本は下痢を無理にとめないことです。その際には脱水症状にならないように、水分を少しずつ補給してください。
水分は体を冷やしてしまう冷たい飲み物は避けて、室温かそれ以上の温かさのものをとるようにしましょう。

下痢が激しい場合

重症の下痢の場合は体から水分が大量にでていくため、水分補給がおいつかず脱水症状を起こしてしまう恐れがあります。
脱水症状を起こしてしまった場合は入院して点滴を打つなどの処置が必要です。
なんらかの理由で病院まで行けない、または時間がかかる場合は糖質の少ないスポーツドリンク(ハイポトニック飲料)や経口補水液を少しずつ小まめに摂るようにしてください。
また、軽度の場合でも長く続く場合などは別の病気の可能性もあるので医師に診てもらった方がいいでしょう。

下痢になるかもと考えすぎる場合の対処法

下痢になりやすい人で、一番改善が難しいのが「下痢になるかもしれない」と考えすぎて下痢になってしまうパターンです。
これは、学校や職場などトイレにすぐにいけないような状況で起きやすくなります。 体調不良などで過去に下痢を起こしてしまい、そのときのイメージが残ったまま「下痢になったらどうしよう」「お腹痛くならないかな」と考えれば考えるほど下痢になりやすくなってしまいます。
これを放っておくと、常に下痢の不安を抱えたまま生活するようになるのでとてもつらい上に、本人の精神的な問題なので薬では治りません。
病気として診断するばらば「自律神経失調症」といわれる症状です。実は私も中学生のころにトイレに行けないという不安感から、常に下痢にならないかどうか心配でした。
あまりに、腹痛が多いのでいろいろな病院で診てもらいましたが特に問題なし。最後に評判がいいと言われていたところで、検査をしたところ「自律神経失調症」と診断されました。
高校生になってから、まわりも大人になったのか自由にトイレにいけるようになってからは自然に下痢や腹痛も収まりました。
結局、トイレの不安を解消するか自律神経を鍛えて整えるしか対処方法がないのですが、今では研究も進んで自律神経を整えるための良い方法なども考えられているようです。
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)