プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢のときに水分補給が重要なのはなぜ?



カップに入った麦茶
短時間でおさまる下痢の場合は問題ありませんが、ノロウイルスなどの病気では水のような下痢が頻繁にでます。 また長期に渡る下痢の場合も水分が体外に常に排出される状態になります。
そんなときには、体内に水分を取り入れないといけませんがそれはどうしてなのでしょう。

水分補給が重要なワケ

下痢になってしまうと、下痢便とともに水分のほかにもカリウムや塩分などのミネラル類を大量に排泄してしまいます。 そのままの状態で放っておくと脱水症状になってしまいますので、絶えず水分やミネラルを体内に補給し続けないといけないのです。
人間は、まず1%の水分を失うとノドが渇きはじめ、さらに体重の3~5%ほどの水分を失うと頭痛やめまいなどの症状が出始めます。 それ以上の水分を失うと死にいたることもありますので、水分補給は生命にとってかなり重要な行動なのです。

水分補給に一番効率のよい飲み物は?

ペットボトルの水
では、効率よく水分を補給するためにはなにを飲めばいいのでしょうか? 下痢の症状が軽く、水分の排泄も急激でない場合は、とりあえず水分であれば、水でもスープでも自分の好きなものを飲んでかまいません。 飲みやすいもの、自分の好きなものを飲みましょう。
しかし、激しい下痢や嘔吐、発熱などによって急激に水分が失われている状態では飲み物に気をつける必要があります。 それは、飲み物によって水分や塩分の体内への吸収率が異なるためです。

水分補給に適したスポーツドリンク

水分が急激に失われているときには、水よりもスポーツドリンクの方が吸収がいいという話をよく聞きます。 しかし、実はポカリスエットなどの一般的なスポーツドリンクはあまり吸収効率がよくないのです。
スポーツドリンクには、アイソトニック飲料(アクエリアスとかポカリスエットなど)と、 ハイポトニック飲料(super H2O、アミノバイタルなど)という種類があり、 浸透圧の関係でハイポトニック飲料の方が胃腸への吸収率が優れているのです。
スポーツドリンク
この、アイソトニック飲料とハイポトニック飲料の違いは浸透圧が体液に近いかどうかです。 つまり、ハイポトニック飲料は、アイソトニック飲料を薄めたものとほぼ同なのです。
製品によって配合されているアミノ酸などは違いますが、吸収率の違いは糖質の比率なのでアイソトニック飲料でも水で2倍程度に薄めればハイポトニック飲料と同じような吸収率を得ることができます。
これはスポーツ後や、風邪などで大量の汗をかいてスグに水分補給したい場合にも同じです。実際にプロのマラソン選手などは、給水所でのマイドリンクにはスポーツドリンクを薄めて飲んでいるという人も多くいます。
ちなみに、このアイソトニックとハイポトニックはラベルに書いてありますので商品を見ればどちらなのかスグにわかるようになっています。
参考:市販されている主なハイポトニック飲料の一覧
メーカー 製品名
大塚製薬 ポカリスエットイオンウォーター
アサヒ スーパーH20
伊藤園 パワーハイポトニック
味の素KK アミノバイタル ハイポトニックチャージ
QLOOKアクセス解析