プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢のときの薬



薬いろいろ
自身で薬局などで市販薬を買うときには症状などに合ったものでないと意味がありません。 下痢のときの市販薬の種類や性質を一覧にしてありますので、症状に合った薬を使ってください。
ただし、重度の症状の場合や激しい腹痛などの場合には、別の病気の可能性などもありますので、自己判断せずに必ず医師や薬剤師に相談してください。

下痢や便秘を繰り返す、慢性的な症状のとき(整腸剤)

乳酸菌製剤
整腸作用のある薬です。腸内で善玉菌を増やし、便秘や下痢の原因となる悪玉菌の増殖を抑えることで、便通や便臭を改善、腸内の健康維持に役立ちます。

腹痛と共に下痢をしている場合

鎮静・鎮痙剤
腸の痙攣(けいれん)を抑えたり胃酸の分泌を抑えたりするほか、痛みにも効果があります。 お腹が痛い下痢の症状のときに使用する薬です。

慢性的な下痢のときに

収斂性止瀉剤
腸の粘膜のたんぱく質と結合して沈殿膜をつくり腸壁を保護します。それにより、腸のゼンドウ運動を緩やかにします。
分類 成分名 市販薬
収斂性止瀉剤タンニン酸アルブミン ビオフェルミン止瀉薬
新タントーゼA
タンニン酸ベルベリン ストッパ下痢止めA
ストッパL
エクトール 赤玉

食あたりなどが原因の場合

腸内殺菌剤
大腸菌や黄色ブドウ球菌などへの殺菌効果、腸内の腐敗や異常発酵を抑える働きをします。