プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

発熱を伴う下痢の原因と対処法



発熱を伴う下痢は風邪で腹痛の起こる胃腸風邪の場合が多いのですが、それ以外の原因もいくつか考えられます。 どのような原因があるのか、どのような対処方法があるのかを見ていきましょう。

発熱を伴う下痢1:胃腸風邪

発熱を伴う下痢の原因としてまず疑うのは胃腸風邪で、正式には感染性胃腸炎という病名です。
この感染性胃腸炎には、細菌性腸炎とウイルス性腸炎の2種類があって、下痢や嘔吐により病原体となるウイルスや細菌を体外に排出するとこで回復に向かうと言われています。
ただ下痢や嘔吐といった症状の他に発熱を伴うので、精神的にも肉体的にも大きな負担になってしいます。
特に乳幼児や高齢者は、高熱が続くことで著しい体力の低下が考えられ重症化の危険があるので注意が必要です。 こうした発熱を伴う下痢の症状がみられる場合には、早い段階で病院を受診することが大事です。
発熱を伴う下痢2:過敏性腸症候群
発熱を伴う下痢の原因は感染性胃腸炎だけでなく、過敏性腸症候群も考えられる原因の1つです。 腹痛と下痢の症状が起こると共に、高熱になる可能性は低いですが発熱がみられるケースが多いです。
ただ過敏性腸症候群は、過度なストレスが原因ということが多いことから病院の検査ではなかなか異常が見つかりにくいことが特徴です。
病院での検査で明確な異常が見つからないのに、腹痛や下痢・発熱がある場合は過敏性腸症候群の可能性が高いでしょう。
発熱を伴う下痢3:その他の病気
発熱を伴う下痢の場合には、胃腸風邪や過敏性腸症候群の他の病気ということも考えられます。
一つは、大腸憩室の粘膜の一部が大腸内の圧力が高くなることで腸の外に出てしまう状態の大腸憩室病です。この病気は強い腹痛や下痢のほかに発熱や血便の症状が見られます。
大腸憩室病の原因は、食生活の欧米化から食物繊維の摂取量が少なくなった結果、腸管内圧があがりやすいためなどといわれています。
二つ目は細菌性赤痢です。この病気は急激な発熱や嘔吐と共に下痢の症状が起こります。赤痢菌は汚染された水や食品から感染し、多くが海外旅行などアジア地域に旅行した際に発生します。 国内では都市部ではほぼありませんが、井戸水や牡蠣などで感染する例があるようです。
発熱を伴う下痢の対処法
発熱を伴う下痢の症状が起こった場合の対処方法ですが、まずは腸を安静にすることが重要で、何も胃や腸に入れないことです。
下痢の症状が起こってから半日~1日程度は絶食するのが良いでしょう。 ただし、下痢によって体に必要な水分を排出してしまうので、小まめに水分補給をして脱水を防ぐことは大切です。
また、ウイルスや細菌を体外へ排出するため下痢の症状になっているので、安易に下痢止めを服用して下痢を止めることは避けるべきです。 ひどい下痢や腹痛の場合には無理をせず医療機関を受診してください。