プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

便の状態で体調や健康状態がわかる



りんごをもった女性の腹部
便の状態というのは、自分の体調や健康状態に深く関与しています。一般的に理想的で健康な便は70~80%程度の水分を含んだ状態のものと言われています。
しかし日々体調は変化するので、水分が80~90%程度を占めている通常よりも軟らかい状態の便は「軟便」といい、90%以上水分で占められ液状になった状態の便を「下痢便」といいます。
腸は健康な時には正常なぜん動運動をしながら栄養と水分を吸収して、それ以外の残りカスを便として送り出します。 それが病気やストレスなどで正常なぜん動運動ができなくなると腸内を食物が早く通過してしまい腸で十分に水分を吸収できません。
さらに、腸の本来持っている水分吸収力が低下している時や、水分分泌が腸から増えてしまう場合にも腸の水分調節が正常に機能しなくなり軟便や下痢便になってしまうのです。

急性の下痢

下痢便には急性と慢性の2つのタイプがあります。突然の腹痛を伴いますが大抵は2週間以内に落ち着くのが急性の下痢です。 急性の下痢は食べ過ぎ・飲み過ぎ・寝冷え・冷たい物の過剰摂取など原因が分かりやすいことが多いのが特徴です。
ただし、食中毒・O-157・ノロウイルスなどで急性の下痢が起こる場合もあります。 その場合には脱水状態になりやすいので症状によっては病院での早期治療が必要です。

軟便が2~3週間続く場合

一方、軟便の症状が2~3週間以上続く場合は慢性の下痢と呼ばれます。慢性下痢の症状の約7割は、過敏性腸症候群と呼ばれるストレスによるものが原因と考えられます。
人間の胃や腸はとてもデリケートな器官でストレスの影響を受けやすく、よく試験の前や大事な商談・プレゼンの前といった過度の緊張によるストレスでお腹が痛くなるのはこのタイプと言えます。
また、食物繊維が不足しているとなりやすいことも特徴です。タバコやアルコール類の過剰摂取・食べ過ぎ・サプリ・アレルギーなどの影響でも軟便が続くことがあります。 このように軟便が続く原因は、基本的に生活習慣の乱れとストレスが大きな要因となります。

軟便が続くときに注意したいこと

ベッドでポーズを取る女性
軟便が続く時に注意したいことは、その裏に大きな病気が隠れている可能性があるということです。
大腸がん・潰瘍性大腸炎・ポリープなどの病気により腸の機能が正常に働かないことで軟便が続いていることもあるので、便の感じや体調がいつもと違うと感じる時は早めに病院を受診してください。
原因の病気がわかれば安心できますし、症状を悪化させないためにも早期発見・早期治療が必要不可欠です。
また軟便だけでなく、体重減少・血便・粘血便・便秘下痢を繰り返すといった症状にも大きな病気が隠れているサインの可能性があるので、早急に医療機関を受診することをおすすめします。