プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

下痢の症状



お腹の調子の悪い人
下痢になると、便に含まれる水分量が増加して便がやわらかい軟便や水を多量に含む水様便になります。
便がやわらかい、または水分を多量に含む他に、腹痛や嘔吐、発熱などの別部位の不調が伴う場合もあります。
特に、大腸で水分が吸収されなくなると脱水症状になってしまうので注意が必要です。

下痢の症状と注意点

下痢は、ストレスやおなかを冷やした場合、食事の内容などに起きる一過性の場合がほとんどです。
その時の下痢の症状としては軟便や泥状便となりますが脱水症状に気をつけつつ何度か下痢便をし原因となる物質を排泄することで自然に回復していきます。
下痢は、急性下痢と慢性下痢に分けられ、上記のような一過性のものは急性下痢と呼ばれます。 下痢が3週間以上続くような場合は慢性下痢と呼びます。
下痢で特に気をつけなければならないのは、痛みや症状が長く続く慢性下痢の場合や発熱を伴うなど下痢と共に他の症状も同時に起こる場合です。
これはストレスや食べ物が原因ではない、ほかの病気の可能性があります。 他にも血が混じったり、固形物ではなくほとんど水のような水溶便などの場合も病気やウイルスなどによる下痢を疑った方がいいでしょう。

下痢のときの諸症状

水様便
水のようなほぼ液体状の便、腹痛を伴うこともあります。 シャーという固形物のほとんどないお尻から水が出るようなイメージの便です。 水様便がでるような原因としては、ノロウイルスなどのウイルス性疾患、下剤の使用、食あたりなどが考えられます。 特に水様便の場合は、体外に水分が急激に失われますので水分補給を十分に行ってください。
泥状便
リラックスする人
水様便よりは、ドロドロした便で水分量の多い泥やカレーのような状態の便です。 便が大腸で十分に水分を吸収されずに排出されてしまっているので、なんらの消化不良でおきることが多い状態です。
食べ過ぎや、早食い、冷たいものの摂りすぎや唐辛子などの刺激物を 多く食べたときなどになりやすいので体調と食事の内容に気をつけましょう。
軟便
非常にやわらかくほとんど形がない状態です。 定義はあいまいで、一般的には下痢よりも水分量が少なくドロッとしたものや、やわらかいものを総称して軟便と呼んでいます。
冷たいものを食べ過ぎて一時的に起こったり、胃腸の調子が悪い、体調が悪い、ストレスがあるときなどにも 腸が水分を十分に吸収できずに軟便になることがあります。
粘血便
粘液や血液が混じった便で、ドロッとした血液が便に混ざっている状態です。
粘血便がでる主な病気としては、潰瘍性大腸炎、大腸がん、赤痢などがありますが、 ストレスなどで起こる潰瘍性大腸炎が粘血便でもっともみられる病気です。
腹痛、嘔吐、発熱
下痢に腹痛や嘔吐、発熱を伴う場合も多くあります。 ウイルスや細菌が原因の急性胃腸炎などでは、下痢と共にこれらの症状が現れることが多くみられます。 その場合は、無理に下痢止めなどを使って下痢を止めるとウイルスが体外に排出されずに症状が長引く可能性があります。
脱水症状
下痢で急激に水分が体外に排出されるほか、腸が水分を吸収しなくなるため脱水症状が起こります。 無理にたくさん水分を摂らずに、様子をみながら少しずつ水分をとっていきましょう。
食欲減退
腹痛や腹部の違和感で食欲が減退するほか、 消化器のいろいろな症状により、空腹感がなくなってしまいます。
自律神経失調症やがんなどの病気でも食欲不振の症状があらわれることがあります。