プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

冷えでの下痢の対処方法



頻繁に下痢になる人の中には体やお腹が冷えることで下痢になるという方も多くいます。
どのように冷えたかは、それぞれですが例えば
「夏に暑いからといってアイスを何本も一気に食べてしまった」
「冷房をつけっぱなしでお腹を出したまま寝てしまった」
など通常より過度に冷えてしまう場合に下痢になる場合がほとんどです。
このような冷えによる下痢の対処方法を考える前に、なぜ下痢になるのか体内のメカニズムについて知っておきましょう。

お腹が冷えると下痢になるメカニズム

お腹や体が冷えると、脳が体内の異常と判断するので、体やお腹をすぐに温めようとします。 体を温めるためには腸の動きを活発化して熱を作ろうとします。
それにより通常とは違った激しい腸の運動がおこります。腸が激しく運動することで腹痛や下痢が発生してしまいます。
このように本来は体内の異常を修正するための働きなので、冷えによる下痢や腹痛は自然な現象と考えることができるのです。
冷えでの下痢の対処法
冷えによる下痢が起こった時の対処方法としては、以下のような方法があります。
下痢止薬を服用する
下痢による脱水症状を防ぐために水分補給をする
食事を控えるまたは、消化の良いものを食べる
下痢の症状だけでなく血便があったり、症状が長引いたりするよう場合には病院を受診して治療することが必要です。
冷えでの下痢が頻繁に起こるような場合には、根本的な原因になっている冷え自体を改善するための生活習慣を身に付けることも対処方法として大事なことです。
冷えは万病の元と言われるほど体の熱量は体調に関係し、体温が1度上がることで病気をしにくくなると言われています。
このように人間にとって体温は非常に重要で、冷えによる下痢は体が温まることで改善しますが一過性のものなので、根本的な対処として生活習慣を改めることで解消する方法もあります。
体を温めることで下痢を解消
冷えによる下痢を解消するために体を温める方法がありますが、お腹を温めただけでは他の部分から熱が逃げてしまうので、下痢や腹痛を治す効果としては低くなってしまいます。
首周り・足元・手足の指先など全身を温めることが必要で、体内から熱を逃がさないように心がけることです。 特に足を温めることは他の部位を温めるよりも効果が高いことが実験でわかっているので、まずは足先を温めることを優先しましょう。
ただし、汗をかいてしまうことでも熱は逃げてしまうので、汗をかかない程度の適した温かさを意識しておくことも大切なポイントです。
冷え自体を改善するには
冷えを改善する具体的な生活習慣としては、無理のない範囲でウォーキングやストレッチなどの適度な運動の継続を心がけることです。
また、肩や腰を出すような服装を避けることや冷たい食べ物ばかりを食するのではなく体を温める食べ物を摂取するようにすることも必要なことです。 特に飲料は冷たいものを多く飲みがちなので、できるだけ温かい飲み物を摂るように心がけましょう。
他にもクーラーの使用をできる限り控えたり、シャワーだけでなく入浴時は湯船に入ってきちんと体を温めたりすることも大切です。
このように冷えから体を守るような生活習慣を長く続けることにより徐々に冷えが改善され、それに伴い下痢の症状も解消されていきます。
ただ、これは寒い時期だけの話ではありません。夏場は薄着だったり冷たいものを摂ることが多い上に室内ではクーラーが過剰にかかっていることもあるので体を冷やさないように気をつけてください。