プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

抗生物質による下痢



医者から処方される抗生物質で下痢になるというかたは少なくありません。
抗生物質の副作用として下痢の症状があるので、そう珍しいことはないのです。

抗生物質とは

抗生物質とは、細菌による感染症や炎症などを抑える薬です。 風邪やインフルエンザなどのウイルス性の病気は細菌ではありませんので、抗生物質の効果はありません。

抗生物質での下痢

抗生物質は、病気の原因になる菌を死滅させることで病気を治す薬です。
そのとき、問題になる悪い菌だけ死滅できれば問題ないのですが抗生物質は良い菌か悪い菌か判断できないため、 悪い菌と同時に良い菌も同時に死滅させてしまうのです。
腸には腸内環境を整えてくれる善玉菌が多数存在していますが、抗生物質によって善玉菌が減らされてしまうと腸内の細菌バランスが崩れて下痢になるのです。

下痢の原因は抗生物質?

抗生物質を飲むと毎回必ず下痢をするという方はおそらく抗生物質が原因だと思われます。
しかし今回が初めてなどという場合は、抗生物質が原因なのか病気の影響による下痢なのかの判断は困難です。

抗生物質で下痢になったら

抗生物質で下痢になった場合は自己判断で下痢止めなどを飲むことは避けてください。 服用が終われば自然に善玉菌も元通りに増えますので心配はいりません。
ただし激しく水のような下痢をする場合などは医師に確認することが大事です。
下痢がひどいときや毎回下痢になるとわかっている場合は抗生物質を処方してらうときに言っておけば、整腸剤を一緒に処方してもらえます。
ビオフェルミンなどが処方されますが、市販薬とは異なるものなので市販薬ではなく処方されてものを使うようにしたほうがいいでしょう。