プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

コーヒーでの下痢



コーヒーの画像
コーヒーで下痢をする場合にはどのような注意をすればいいのでしょうか?
コーヒーでの下痢の対策を考える前に下痢の原因が本当にコーヒーなのかどうかをまずは確かめなければなりません。
下痢をする原因がコーヒー自体ではなくコーヒーの付属物(砂糖、ミルク、缶など)ということも考えられるからです。

ブラックコーヒーでの下痢

通常、コーヒーにはカフェインという刺激物が含まれています。 カフェイン自体が腸を刺激するわけではありませんが、カフェインが交感神経を刺激し自律神経が不安定になるため下痢の原因となります。
特にストレスや疲れ、睡眠不足などで体が弱っているときには自律神経が乱れやすいので注意が必要です。
カフェインが下痢の原因かどうかを調べるには、コーヒー以外の飲み物でも下痢が起こるかを試すことでわかります。
栄養ドリンクなどのカフェインが多く含まれている飲み物でも下痢になるのか、紅茶や緑茶などコーヒーよりはカフェインが少ないものではどうなるかです。
コーヒー以外では下痢にならない場合はコーヒーに加えているものに注意してみましょう。

砂糖が原因

コーヒーに砂糖を入れているなら砂糖が下痢の原因かもしれません。 砂糖はとりすぎると、腸の動きを悪くするので腸内環境にはあまりよくありません。
また人工甘味料はたくさんとるとお腹がゆるくなる食品なので通常の白砂糖よりさらに下痢になる可能性は高くなります。

コーヒーミルクが原因

コーヒーに牛乳を入れている場合は、乳糖不耐症の可能性があります。 乳糖不耐症は牛乳の乳糖を分解する酵素が少なくるためにお腹がゴロゴロする現象です。
牛乳ではなくコーヒーフレッシュのようなポーションタイプのミルクは、水と植物油と乳化剤などでできています。 原料が油と添加物なので体調や体質などで下痢を引き起こす可能性はあります。

缶コーヒーでの下痢

缶コーヒーの場合は原因になりうる物質は多くあります。 まず加糖の場合は角砂糖5個分の砂糖が入っているといわれています。
砂糖のほかにも、添加物として乳化剤、安定剤、香料、乳化安定剤などが入っていますので体にいい飲料とはとてもいえません。
意外に知られていないのは缶コーヒーの賞味期限は以外に短いということです。 缶コーヒーの品質保持期限は製造から平均して4~6カ月程度で、加熱した状態だとミルク成分が分離したり酸化するため2週間程度になっています。
あまり売れてなさそうな自動販売機から缶コーヒーを買うのは避けたほうがいいかもしれません。

コーヒーで下痢をしないために

いかがでしたか。コーヒーでの下痢といっても飲んでいるコーヒーや加えている物によって下痢の原因は違ってきます。
コーヒーだけで下痢になるのか、なにかを入れたときだけ下痢になるのかときどきなる場合は、ストレスなどで疲れていないかチェックしてみてください。
原因がわかれば、原因となるものを入れないようにしたり別のもので代用することなどもできます。