プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

お酒を飲んで下痢をしたときの対処法



お酒を飲んでいるサラリーマン
ついつい飲みすぎてしまうこともあるお酒ですが、お酒を飲んで下痢になってしまう場合もあるようです。 お酒を飲んで下痢をする場合のほとんどが、消化吸収が悪くなっていることが原因で起こっています。
ただし、この消化吸収が悪い原因はさまざまな理由がある上に、体調やストレスなどによって 同じような量のお酒を飲んでいたり、同じようなおつまみを食べていても下痢になる場合とならない場合などもあります。

消化吸収による下痢

まず消化吸収でもっとも多いのは、胃がダメージを受けていてアルコールの分解がはかどらず それが腸へと進み腸でも刺激を受けて下痢になってしまうパターンです。
これは、すきっ腹でお酒を飲んでいたり、脂の多い食べ物を食べ過ぎてしまったり、 体調不良で胃の活動がもともと悪かったりすると起こります。
他にも、冷えによって胃腸の活動が低下する場合もあります。 お腹が冷えているところに、冷たいお酒をたくさん飲むのは胃腸の働きが弱まる原因になります。
昔はまったく下痢にならなかったのに、歳をとってから下痢になるのもやはり消化吸収力が若いころに比べて 低下してきているといったことが考えられます。

食べすぎや飲みすぎによる下痢

食べ過ぎた人
アルコールは少量であれば、腸の動きを活性化させます。 しかし、アルコールを大量に摂取すれば水分やアルコールによって胃腸がダメージを受けますので、 腸で水分を十分に吸収できずに下痢になる場合があります。
また、お酒といっしょに食べるおつまみを食べ過ぎてしまった場合などにも下痢になる可能性があります。 特に脂の多い、揚げ物や焼肉などはお腹への刺激が強いので注意が必要です。

お酒で下痢にならないためには

お酒を飲みすぎない
加齢で消化吸収の力が衰えている方はもちろん、若い方でも飲みすぎれば胃腸で処理できないアルコールによって 下痢になることがあります。お酒は適量を飲むことを心がけましょう。
体調を管理する
健康な人
ストレスや寝不足などによる体調不良で内臓の機能が低下することにより、下痢になることがあります。 体調が悪いときはなるべくお酒を控える、どうしても飲まないといけない場合は少量にとどめるなどの対策が有効でしょう。
お酒のおつまみを選ぶ
揚げ物などの油の多いものは、消化吸収によくありません。 揚げ物ばかりでなく、豆腐や枝豆などの脂質が少なく消化のよいものを摂るようにしましょう。 また、おつまみをまったく食べないのも胃腸に負担がかかるので避けたほうがいいでしょう。
体を温めるお酒を飲む
日本酒
冷えによる下痢の場合には、体を冷やすお酒より温める効果のあるお酒が適しています。 焼酎、ウイスキー、ビールは体を冷やすお酒で、日本酒、赤ワインなどは体を温めるお酒です。