プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

夏こそ気をつけたい冷たいもの



夏になると、暑いからといって冷たいカキ氷や冷たいジュースなどをガブガブ飲んでしまいがちですよね。 でも、しばらくするとお腹がゴロゴロしてきてしまったーと思い始める方も多いと思います。
では、なぜお腹を冷やすと下痢になってしまうのでしょうか。

腸の排便の仕組み

下痢は、刺激やストレスなどにより腸の蠕動運動が活発になり腸が水分を十分に吸収できないまま水分を多く伴った便が体外に排出されることでおこります。
冷たいものを食べてお腹を冷やした場合には、腸が刺激され蠕動運動が活発になるのです。 冷たい飲み物を一気に食べたり飲んだりすることはモチロンですが、体を冷やす効果のある食べ物を多く食べたり、クーラーやプールなどでお腹を冷やしたりしても起こる場合があります。
冷たいものを食べる場合は、ゆっくりとよく噛んで食べるとこた、クーラーなどで体を冷やす場合はお腹だけは温めるように心がけることで防げます。

下痢の対策:冷たい食べ物の場合

クーラーで寒い女性
冷たい食べ物、飲み物はなるべく控え、夏場でも温かいものか、難しい場合はせめて常温のものを飲みましょう。 最近は夏でも常温の飲料を売っているお店が多くなっています。
冷たいものでなくとも、気をつけたい食べ物はコーヒーやチョコレートなどの刺激物、ソバ、生野菜サラダ、砂糖、 南方産の野菜や果物(バナナ、トマト、みかん)などの体を冷やす作用がある食べ物です。
これらの食べ物を食べるときはゆっくりとよく噛んで食べるなどの注意が必要です。
参考までに、体を温める食品は北方産の野菜や果物(りんご、ぶどう など)、根菜類(ごぼう、にんじん、玉ねぎ)があります。 お酒だと焼酎やビール、ウイスキーは体を冷ます作用があり、日本酒や赤ワインは逆に体を温める作用があります。