プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
お気に入りに追加

腸の働きに大切な善玉菌



ヨーグルトとフルーツ
腸内環境を整えるためにも重要な役割を果たす善玉菌ですが、 コンビニやスーパーのお弁当ばかりで野菜不足など、食事が偏りがちな人は善玉菌が少なく悪玉菌が多い傾向にあります。
善玉菌が減ってしまうと、腸の働きが悪くなってしまうので下痢や便秘を起こしやすくなってしまいます。 ではヨーグルトやヤクルトなどのビフィズス菌が入っている飲料や食べ物で善玉菌が増えるのでしょうか。

ビフィズス菌を摂っても善玉菌は増えないの?

ビフィズス菌は、善玉菌を増やし腸内環境をよくするという説がある一方で、 菌は胃酸で死滅するから意味がないといわれるときもあります。
答えはビフィズス菌を摂取した分だけ腸内の善玉菌が増えるわけではありませんが、ある程度は増えるようです。 胃や腸でビフィズス菌が死滅するのは確かですが意味がないわけではありません。
善玉菌の様子
ビフィズス菌を摂っても胃や腸で死滅するため腸まで到達できる数は大分減らされています。 特に、空腹時には胃酸が強いため胃で生き残れるビフィズス菌はほんのわずかになるのです。

薬でわかる善玉菌の増やし方

以前のビオフェルミンなどの整腸剤は7~8錠ぐらい飲んで腸に到達させる率を上げるようになっていました。 しかし、最近のものは胃酸や腸の酵素でビフィズス菌が死滅しないように錠剤をコーティングするように改良されています。
また、空腹時以外では胃で死滅しにくくなるため、ビフィズス菌系の整腸剤の用法では、「食後」に服用することを明記してあるものがほとんどです。

乳酸菌のサプリメントはどうか?

現在、乳酸菌サプリメントが流行していて各社がいろいろなサプリを販売しています。
サプリの場合も、よく考えられていて菌が死滅しないようなコーティング方法やそもそも熱や酸に強い乳酸菌を配合するなどという方法をとっています。
また、乳酸菌だけではなくカルシウムなども配合して総合的に健康にいいように作られている製品がほとんどです。